鳥類臨床研究所|研究会概要
TOP
研究会概要
役員名簿・会則
入会のご案内
鳥類臨床研究会大会
ポイント申請
会報要約
当会事業について
会員専用ページ
リーフレットの販売はこちら
【お問い合わせ】

E-mail:info@jacam.ne.jp
 
トップページ研究会概要
研究会概要

会長挨拶

鳥類臨床研究会も発足以来17年になりました。この間我が国最大の鳥類臨床専門集団として研鑚を積み、鳥類の健康および公衆衛生を守るという決意のもと、医療水準の引き上げと質の向上に努めてまいりました。

この17年の間、鳥類医療に関する国民の注目度は一層高まり、我々鳥類医療に携わる獣医師も患者様より高度な検査や治療を望まれる機会が増えてきました。それに伴い、鳥類医療も発展を遂げ、諸外国に引けを取らないほどになったことは、大変喜ばしいことであります。

今後も鳥類臨床研究会が掲げている理念にのっとり、年次大会、セミナーなど様々な事業を通し鳥類に関する様々な情報を発信し、鳥類医療水準の向上、獣医師の育成に邁進していきます。
2013年10月
会長 水上 昌也



本会設立の趣意

鳥類臨床研究会は、現会長の海老沢から「そろそろ症例検討会を開いてはどうか」と後押しされたことを契機に、数名の同門専門医を集め発足した研修談話会である。

当時、海外ではAAV(Association of Avian Veterinarians)の活動が世界的な拡がりをみせており、それに応じて、先進各国には専門医の集まりができ始めていた時期であったが、わが国には依然しっかりとした研究会がなく、とくに開業医間の情報交流がまったく行われていなかったのが現状であった。

本会設立にあたっては、こうした国内外の状況にもかんがみ、当初より、わが国の鳥類医学の普及と発展をもっとも大きな目的とし、将来のnational societyとなるべく期待も込めた。
したがって、会員には、本会を単なる個人の研修の場としてだけではなく、日本の飼鳥臨床のためにという意識をもって参画していただきたいと考える。
平成19年3月
研究会 顧問 長堀 正行



過去の活動

平成9年9月14・15日 第1回大会(神奈川県・葉山町)
平成10年7月 会報第1号発行
平成10年9月23・24日 第2回大会(愛知県・鳳来町)
平成11年6月 会報第2号発行
平成11年9月15・16日 第3回大会(神奈川県・横浜市)
平成12年10月 会報第3号発行
平成12年11月22・23日 第4回大会(三重県・桑名郡、愛知県・弥富町)
平成13年9月 会報第4号発行
平成13年11月21・22日 第5回大会(千葉県・市川市)
平成14年9月 会報第5号発行
平成14年11月27・28日 第6回大会(神奈川県・三浦市)
平成15年4月 会報第6号発行
平成15年11月26・27日 第7回大会(神奈川県・三浦市)
平成16年10月 会報第7号発行
平成16年11月23・24日 第8回大会(神奈川県・三浦市)
平成17年12月 会報第8号発行
平成17年12月8・9日 第9回大会(神奈川県・三浦市)
平成18年7月 会報第9号発行
平成18年10月22・23日 第10回大会(東京都・台東区)
平成19年11月25・26日 第11回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成19年11月 会報第10号発行
平成20年10月 会報第11号発行
平成20年10月12・13日 第12回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成21年10月11・12日 第13回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成22年2月17日 東京セミナー(東京都・家の光会館)
平成22年10月10・11日 第14回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成23年6月13日 鳥類における腺胃拡張症(PDD)と鳥ボルナウイルスに関する集会(京都府・京都テルサ)
平成23年10月9・10日 第15回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成24年2月19日 愛知セミナー(愛知県・AP名古屋)
平成24年10月7・8日 第16回大会(東京都・日本青年館ホテル)
平成25年2月11日 東京セミナー(東京都・家の光会館)
平成25年10月13・14日 第17回大会(東京都・日本青年館ホテル)
Copyright (C) 2007 The Japanese Association For Clinical Avianmedicine, All Rights Reserved.